2017年 09月 10日 ( 1 )

京王線つつじヶ丘駅または柴崎駅から徒歩15分ほどの神代団地。敷地内には郵便局も銀行もスーパーもあり、ひとつの町がそこにある。

昭和の頃、みんなが憧れた団地の夕暮れ時🌇は…

日が暮れるとお店も終わり、お母さんはご飯の仕度、で、外で遊んでいた子どもはみんなおうちに帰るのがあたり前。

ちなみに、昭和の子どもだった私は、小学生の頃20:00に寝ていた…((-_-)zzz。…今の子は何時まで起きてるのかな⁇
d0335077_19000461.jpg

そんなことを思い起こさせてくれるこの団地の一角に、先日行われた「真夏の東京蚤の市」や来月開催される「もみじ市」を主催する手紙舎さんの一号店があるのです。2009年にオープンとのこと。
d0335077_19000402.jpg

どんなお店なのかなあ〜⁇
ずーっと興味がありました。

ところが、ここのところ膝の痛みが再発して、外出が辛く、行くのをためらいグズグズ…
でも、思い立ったが吉日っと、夕方出かけ、18:00閉店の30分前に到着。すべりこみセーフ❗️
d0335077_20480929.jpg

メニューを見ると、調布ビール🍺ですって❣️パウンドケーキと一緒にオーダーしました。

待っている間に、閲覧用のLETTERS(手紙舎さんの完全執筆、編集による雑誌)をパラパラ…グラフィックのセンスが良くて楽しい♡
d0335077_20481018.jpg

今日の遅いティー(…じゃなくてビア)タイムは30分間の時間制限つきになってしまい、もっと早めに来れば良かった…と後悔。。
d0335077_20481021.jpg

厨房の雰囲気もレトロ💜閲覧用の本がいろいろ並べてあって、気に入ったら購入できるのがgood!
d0335077_20481175.jpg

デジタル全盛時代の本屋さんは、紙媒体の物の売上げ不振をどうやって補うか、どこも苦心惨憺のご様子ですが、手紙舎さんはカフェやギャラリーとイベントで楽しませてくださるので、つい今日も1冊買ってしまいました(^O^☆♪
d0335077_21045592.jpg

また、この本持って調布に遊びに行きますね〜(^^)/~~~
[PR]
by peko2nd | 2017-09-10 21:04 | cafe/bar | Trackback | Comments(0)