昨日からグーンと寒くなり、この週末は雨模様が続きそう。
野外のイベントに行く予定を変更し、古書店めぐり第2弾を敢行しました。

本日訪ねたのは、高円寺。下車するのは多分2年ぶり。ちなみに今日も予算は¥2,000です。

先日神田神保町でいただいたパンフレットで、古書即売会があるのを知り、まずやって来たのは東京西部古書会館。
d0335077_15331750.jpg
ふだんは業者さんの入札が行われる所です。
予想していたよりも冊数少なめで、棚はある程度ジャンル別に並べてあり、見やすくなっていました。選んだのはこの2冊。予算の約半額を使いました。
d0335077_19084985.jpg
高円寺は北口側にも南口側にも活気のある商店街が続く街。今までは劇場やライブハウスが目的で来たことしかなかったため、商店街を買い物目的で歩くのは初めてです。

古書店がどこにあるのか…唯一の手がかりは先ほどのパンフレット…庚申通り商店街にスタンプラリーを実施しているサンカクヤマさんがあることがわかりました。
d0335077_15332188.jpg
よく整頓された店内には、本だけではなく、レトロなキャラクターグッズなども並んでいて楽しい♡
こちらで購入したのはこれ❗️¥500也。
d0335077_19305342.jpg
ストライプのデザイン集。テキスタイルデザインの参考になりそうな文庫本です。

実は私は日曜織り人でもあり、秋の新作の制作に向けて経糸を張る時に参考に…という訳です。

他に古書店さんはないかしら…と南口へ回ると、老舗正統派と思しき大石書店さんを発見!
d0335077_19440453.jpg
この街の古書店事情をおうかがいしようと入店し、古書店のある場所を教えていただきました。

で、こちらでは…太田和彦さんの『居酒屋歳時記』を購入。『ビッグコミック』に8年間連載されたコラムが昨年文庫化されたもの。状態はほぼ新本。定価の半額以下の2冊¥500で購入。ひとり飲みの参考になること間違いなし(^^)v
d0335077_19541973.jpg
教えていただいたのは、北口あづま通りの古書店さん。そこで、再度北口側へ戻ります。

…すると、何とこのあたりに🍺ブルーバーがあるらしい❗️
OPEN…と表示してあるので、あたりを探したのですが、お店はとうとう発見できず…ザンネン( ; ; )またの機会ね〜。。
d0335077_17513322.jpg
でも、教えていただいた古書店さんには無事にたどり着けました(^^)
d0335077_20015238.jpg
店内は書棚が入り組んでいて迷路のよう(^^;;
ちょっとだけ予算オーバーですが、こちらであと1冊だけ買っていいことにします。

で、入口の¥100コーナーにあった『羊と鋼の森』を購入(^^)v
d0335077_20070393.jpg
さて、あとは…精出して読みましょうね〜(^^)

[PR]
by peko2nd | 2017-10-14 20:22 | book | Trackback | Comments(2)

読書の秋@神田神保町

秋になったらやってみたかった…久々の古書店めぐり。
半月前にビール検定受験にやって来た神田神保町で、今日は好きなだけ本屋さんに行っていい日にします。

背中を押してくれたのは、都営地下鉄「秋のワンデーパス」。ただ往復するだけでも40円のおトク(^^)
帰りにちょっと途中下車も気楽にできます。
d0335077_15561047.jpg
12:00少し前に神保町駅下車。まずはしっかりごはんを…と白山通りへ出たものの、祝日㊗️のため当てにしていた飲食店は軒並みお休み( ; _ ; )/~~~

で、ウロウロした末にちょっと贅沢して、こちら、天麩羅のはちまきさんで看板メニューの海老穴子天丼をいただきました。
d0335077_15562210.jpg
カリッと揚がった穴子の骨がアクセント。
d0335077_15563811.jpg
かつて江戸川乱歩先生がお書きになった色紙が飾ってありました。
d0335077_15565317.jpg
古書店めぐりの最初はすずらん通りの夏目書房ボへミアンズ・ギルドさん。神保町では新しい方のお店ではないかと思いますが、アート関係の本が充実しています。
d0335077_15570407.jpg
店頭左側の300円コーナーで選んだのはこれ!アジアの布好きにはウレシイ!何と、実物大型紙も付いていて役に立ちそう。手芸店で型紙を買うより断然安いです(^^)v
d0335077_16161582.jpg
で、店頭右手を見ると👀…
d0335077_16163479.jpg
笑えます(^^)

神保町には学生時代から度々訪れています。卒業後の1年間はこの街で働いていたこともあり、懐かしい場所。
しかし今では年に1度位しか来ないので、あまりの変貌ぶりについていけません(^^;)

お次は靖国通りに出て、100円からあるワゴンを眺めます。
d0335077_16165206.jpg
悠久堂書店さんで、見つけた角川文庫、国木田独歩の『武蔵野』。この表紙いいでしょ❣️¥250也。。
d0335077_16170559.jpg
こちらでは、スタンプラリーのシートをいただきました。最低14店舗を巡ると景品がもらえます!(期限は11月5日、相当頑張らないと…)
d0335077_16171994.jpg
ところで…お隣に出現したこのお店。
並んでいる人・人・人…しかも中国からのお客さま…らしい。
d0335077_16421989.jpg
特に靖国通りには、アジア系の飲食店が増えました。それだけ外国人観光客が増加しているということかもしれません。

老舗の小宮山書店さんも、品揃えがビジュアル系中心になっていました。うかがうと、10年ほど前から…とのことです。
あゝ…失われた10年…(苦笑)
d0335077_16422869.jpg
今日こちらで見つけた野町和嘉さんの写真集にすご〜く惹かれたのですが、¥4000は予算オーバーなので(今日の予算は¥2000)、また来月に(残っていたら)買いに来ます!

で、今日はこれを…(あゝこのblogにぴったり!ウレシイな٩( ᐛ )و  
因みに定価は¥4571+税、ですが¥1290でget!
d0335077_16423970.jpg
2時間半位歩き回って、そろそろノドが渇いたので、お向かいのBEER PUB 8TAPSさんで、エルディンガーヴァイス🍺を!オクトーバーフェスト限定醸造ビールがハッピーアワーで¥200offの¥800でした(^^)v
d0335077_16424848.jpg
さて、明日からまたお仕事ですが、せめて今週末までは(できればもっと)、早く帰って読書の秋を満喫…なので、お酒は控えめに…しましょ(^^;)

[PR]
by peko2nd | 2017-10-09 17:15 | book | Trackback | Comments(0)

ここは大井競馬場。初めて来ました。
d0335077_21004181.jpg
かつて昭和のこどもだった私にとって、競馬場といえば、トランジスタラジオ、競馬新聞、赤鉛筆の三点セットを携え、ちょっとすすけた勝負師のおじさんたちが集まるところ…という原風景的イメージが…。

でも、それは遠い遠い昔のこと…今の競馬場はレースだけの場所ではありません。
ポニーに乗れたり(乗ってみた〜い🏇)、バーベキューができたり…ファミリーの思い出づくりの場所でもあって…いいところ♡

…で、この週末は、蚤の市の会場でもあるんです。
今日は真夏の東京蚤の市のはじまり~‼️
d0335077_11194792.jpg
主催は「もみじ市」や「布博」でおなじみの手紙社さん。この「蚤の市」は11回目になるとか。

600円の入場料を払い、中に入ると、8つに区切られたエリアに、テーマごとに出店者さんのブース
が並んでいます。会場が広いので、回りきれない〜🌀

ともあれ…とりあえずビール🍺は…⁇…どこ⁇

ブースの中の方にお聞きすると…
「ずーっとむこうです!」

頑張って歩いて、1番奥にあるこのエリア「シュワシュワガーデン」にやーっと到着!
d0335077_21004314.jpg
毎度おなじみ「よなよなエール🍺」さんのブースです。
d0335077_21004365.jpg
ここでビールを買って、15:00からの栗コーダーカルテットのライブに…。音合わせ中に1枚撮らせていただきましたが、本番中は撮影・録音禁止です。
d0335077_21004410.jpg
ライブでまったりした後、帰りがけに立ち寄ったまどそら堂さん(@国分寺)のブースで…今日の気分にぴったりの絵本を発見!

まさに運命的な出会いです(^O^)
d0335077_09455656.jpg
1983年10月3日初版発行のこの本のあとがきには…「この本は新しいものですが、きっといつのまにか古くなります。この本の日付を見てください。これは1983年の10月に出た本です。あなたがこの本を買った日付けと、何か気のついたことをここに書きとめておいてください。私はこの本が、何十年もたって、もういちど見てもらえる日をまっています。もしかしたらこの本が蚤の市に出るかもしれませんからね。」とあります。

まさに今日は、真夏の東京蚤の市❣️安野光雅さんの予言通りになりました。

この本との出会いの機会を作ってくださった、手紙社さんとまどそら堂さんありがとうm(_ _)m

よく見ると、この本の最初の購入者の方の購入年月日と蔵書印が最後のページに…!

その日から幾星霜…♬あゝ〜川の流れのように〜〜
…時は流れ流れて…まもなく34年目(あゝ。いろんなことがあったなあ〜(;_;)

…なんて、にわかに感傷にふけっている間に…
ゴロゴロ⚡️すごーーーい雷と超大雨☔️

なんてドラマチック❣️

ちなみに多摩川花火大会は中止…になったそうです(T_T)ザンネン。

[PR]
by peko2nd | 2017-08-19 20:58 | book | Trackback | Comments(2)

「青春18きっぷ」の夏

出張帰りに買った本。
d0335077_18170995.jpg

金券ショップをのぞくと、7月10日から利用期間に入った「青春18きっぷ」が11,700円。JRの普通列車と快速に1日乗り放題チケットが5枚綴りになっています。1日ずつ分けて使えるのも魅力。

昨年は、やみくもに忙しく、夏は休めなかったことのリベンジにもってこい、かも。

週末を挟んで、5日間の旅でも良いし、1日ずつ日帰りでも良いし。

旅の楽しみの半分は、計画を立てることにあるので、そろそろ夏休みの計画を立てて、憂き世を忘れましょうね〜(ToT)/~~~

[PR]
by peko2nd | 2016-07-11 18:16 | book | Trackback | Comments(0)

連休後半の上野公園は好天に恵まれ行楽日和。
お蔭さまでどこへ行っても長蛇の列です。

ローソンチケットで前売り券を買って臨んだ伊藤若冲展。
d0335077_15195380.jpg

13:00過ぎ時点で入場まで70分待ち…。
d0335077_15195475.jpg

今日は諦めて、日を改めてまた来よう❗️

で、上野の森親子フェスタの「子どもブックフェスタ」📕をぶらぶら👣
こちらも大盛況。
d0335077_15450633.jpg

この状況を見る限り、出版不況なんて何処へやら…という感じです。

基本的に絵本や児童書ですが、これだけたくさんの本を一度に見られるのは、東京ビッグサイトのブックフェアぐらいしか行ったことがないので、こんな偶然も楽しい♡

全国訪問おはなし隊のトラック。
d0335077_15495429.jpg

その前で、真珠まりこさん作「もったいないばあさん」に遭遇!
d0335077_15450603.jpg


と・こ・ろ・がーーー、こちらも、、、お会計の長蛇の列が進まない‼️
d0335077_15272673.jpg

ずーっと遠くのオレンジ色の三角のテントがお会計の場所です。かれこれもう30分並んでいます( ; _ ; )/~~~

一冊買うだけなんですけど(^^;;
ちなみにこの本。
d0335077_15554163.jpg

小松菜のタネをおまけしてくれたー♪( ´▽`)。


[PR]
by peko2nd | 2016-05-03 15:55 | book | Trackback | Comments(0)

あしたの朝子

ゴールデンウィーク前半は読書。

長いこと小説を読む時間的余裕がなかったので、リビングでワイン🍷をいただきながら、図書館で借りて来た小説に没頭できるのは、幸甚至極でございます。
d0335077_17555115.jpg

「あしたの朝子」は、2013年に「月下上海」で第20回松本清張賞を受賞された山口恵以子さんの作品。昨年上梓されました。

松本清張賞受賞直後に出演された、テレビ東京の「ソロモン流」で作者の山口さんのことを知り、受賞作に興味を持ちましたが、その辺りのことを以前のブログに書きました。よろしければご覧くださいませ。
箱根のち電車で読書のち♪ウクレレ♪

「あしたの朝子」の主人公は、お母様がモデルだそう。後半には朝子の娘「世以子」が登場します。当然モデルは山口さんご自身でしょうね。

全7章。300ページ余りの長編ですが、場面構成がどんどん変わり、連続テレビ小説を見るようにテンポ良くどんどん読めます。タイトルから想像できる通り、朝子の少女時代から晩年までの波乱万丈の人生を描いた一代記ですが、ディディールの描写も充実していて、エンタテインメントの要素がふんだんに盛り込まれています。作者のサービス精神なのでしょうか?こういうちょっとした目の付け所が、小説を面白くするのだと痛感します(^^)。

例えばどんなところかというと…

①第二次大戦後、復興途上にあった高度経済成長期のノスタルジー溢れる東京の描写。(ちなみに作者は東京タワーと同い年とのこと。)
また、登場人物が基本的に皆善人で、勧善懲悪の原則が通底しているのは、この時代の社会の価値観を反映しているのでしょうか?

②ラブロマンス(道ならぬ恋?)のエピソードの数々が痛快!男性の下心を見抜き、決して女性が被害者になっておらず、なんともカラッとしているのはgood!ま、小説ですからねf^_^;)

③町工場のおかみさんとして、料理の腕を振るう朝子のレシピの裏付けには、作者が長きにわたり「食堂のおばちゃん」として培った厨房生活の経験が生きているのかな?美味しそうです🍴

④銀座へ出かけて行く時のお召しもの(着物と帯)👘などの描写の細かさ。当時の銀座は特別な場所だし、ハレの日の「よそ行き」の着物には今以上に気を遣ったことでしょうしね^_−☆

⑤ラストシーンには大笑い♪───O(≧∇≦)O────♪(敢えてここには書きません)

是非原作をお読みくださいね‼️

[PR]
by peko2nd | 2016-04-30 22:58 | book | Trackback | Comments(0)

寒いので、午後の予定はキャンセルして帰宅。

我が家の近所の某大学では、昨日、今日は大学入試センター試験が行われています。

例年この日は、なぜか雪が降ることが多い。今年は珍しく晴天かと思いきや、午後からはどんどん寒くなってきた…明日は大雪☃⁇

新聞に問題と解答が載っていたので、ぼんやり眺めると、小説の出題が佐多稲子さんの『三等車』。

どんな話なのかインターネットの解答速報で見られますので、東進ドットコムのリンクを貼っておきます。
東進ドットコム 大学入試センター試験解答速報

1954年1月に雑誌「文芸」に発表された作品で、戦後日本の一面を切り取ったような短編です。

講談社の佐多稲子全集第八巻所収。2段組でわずか6ページ。
d0335077_15463349.jpg

学生時代、おそらく父が私に買ってくれた最後のものがこの講談社の佐多稲子全集。
卒論執筆のために、早稲田通りの古書店で買い、自宅へ送ってもらいました。

佐多さんの波乱万丈の人生、意志を貫く強さは、若かりし頃の私には想像を超えたところがありましたが、当時、自分の中でくすぶっていたことと重ね合わせて読んだいくつかの作品には、何らかの答えをもらったような気がしたのを覚えています。
大学の教室で講演を聞いたことなども懐かしく思い出します。

全十八巻をいつか必ず全部読み返したいと思いながら、30年余りの年月が流れ…。

今回のセンター試験に佐多さん小説が出題されたことには、ちょっとビックリ!

これを機会に「読破しなさい❗️」という神のお告げかもしれませんねσ(^_^;)
若い読者が増えるとなお嬉しいです。




[PR]
by peko2nd | 2016-01-17 16:30 | book | Trackback | Comments(0)

今日の3冊📚

d0335077_22110293.jpg

ちょっとお散歩…は、自由が丘女神まつりへ。
ランチタイムに滑りこみ〜(^o^)/
夕方まではフリータイム⏳
何も買わないつもりだったのに、あれこれ見ているうちに、そうはいかなくって(^^;;。。

何を買ったのかは、ヒ・ミ・ツ…ですが、帰りに買った本3冊はこれ❗

残業捨てて、ちゃんとエクササイズして、料理とウクレレは永遠のビギナーだけど、キノコとお魚で料理して(ちなみにウクレレは肩が辛くてお休み中(>_<))願わくば京都でひとり飲み🍶。。

妄想だけでも(^з^)-☆ね。




[PR]
by peko2nd | 2015-10-12 22:06 | book | Trackback | Comments(0)