檸檬@MARUZEN cafe

リニューアルした河原町三条のBAL。その地下にある丸善京都本店のcafeで遅いランチ。
なぜ遅くなってしまったのかというと、軽い気持ちで出かけた琳派展@京都国立博物館で、150分待ちの憂き目に遭い…(実際はそこまで時間はかかりませんでしたが)(>_<)

看板メニューの早矢仕(ハヤシ)ライスをいただきま〜す🍴
d0335077_15103501.jpg
京都の丸善といえば、梶井基次郎の小説『檸檬』で有名ですが、開店は1907年。
丸善ジュンク堂のサイトです。

舶来品が高嶺の花だった頃の日本において、数少ない西洋の香りのする場所だったことでしょう。
洋書を積み上げ、その頂点に檸檬を載せる場面は、今も多くの読者の共感を呼んでいます。

で、食後のデザートは、その小説にちなんだ『檸檬』のケーキ🍋
実は、昨日来た時は売り切れでした。
d0335077_15103659.jpg

今日は、ケーキのショウケースに20個くらいある‼️
d0335077_15103629.jpg

これで思い残すことなく帰途につけます。

[PR]
トラックバックURL : https://peko2nd.exblog.jp/tb/22448563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by peko2nd | 2015-11-03 15:14 | cafe/bar | Trackback | Comments(0)