奴婢訓by演劇実験室 ◉万有引力@座・高円寺

今日は快晴☀️半年ぶりの、座・高円寺です。
d0335077_20501933.jpg

5日が初日の「奴婢訓」を観にきました。
d0335077_20501946.jpg

芝居はできるだけ千秋楽に観るようにしていますが、今日は終演後にトークがあるので、それも楽しみに(^^)。

今日のトークは、構成台本、演出の高田恵篤さんと舞台美術の小竹信節さん。
初めてのブラジル公演(日伯修好120周年記念公演)を終え、東京公演の仕込みまでに、セットの搬送を間に合わせるのが大変だったそうです。(船便だと到着が仕込みに間に合わないので、途中で船から下ろして飛行機に積み替えるという離れわざで、ギリギリ間に合わせたとのこと。)

こういう公演秘話(?)が聞けるのは面白いです。

今回の公演チラシによると、天井桟敷解散後、万有引力による上演は1989年以後、代表作にしては意外に少ないように思いますが…観てみてわかりました。セットが大変なのね…(^^;;。

セットが役者さんに要求する体力も、サーカスさながら…。若い役者さんたちの鍛えられた肉体が証明しています。

いまなぜ「奴婢訓」なのか、理性に抑圧され、労働に加虐された人間犬たちは氾濫する…とチラシにはあります。

この作品の構造は極めてシンプル。主人と奴婢、支配と被支配という構造は、古今東西にみられる世界の縮図。主人の不在により、奴婢が主人になり変わり…。やられたらやり返す。奴婢がいなけりゃどうなるのか?

曰く、「叛乱するのに、思想はいらぬ、マッチ一本あればよい!」寺山さんの箴言。上手いなあ~~~
(^^)

マッチといえば思い出すのは、歌集『われに五月を』所収の「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」という反戦の歌。

寺山さんは愛煙家だったから、マッチがいつも身近にあったのでしょうか?今年は生誕80年、33回忌。

チラシには、九條今日子追悼公演とも。かつての奥様、お亡くなりになったのですね。合掌。

[PR]
トラックバックURL : https://peko2nd.exblog.jp/tb/22858210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by peko2nd | 2016-02-07 20:50 | theater | Trackback | Comments(0)