💔あなたに愛想が尽きました

洗濯機問題の続編です。つまらない話だとは思いますが、書かずにはいられなかったーー(ToT)/~~~

本日お越しになったT社のサービスマン氏。
半休を取って帰宅した私をドアの前でお待ちになっていらっしゃった…。約束の時間前にご足労くださり、恐縮です(^^;;

しばらくお待ちいただき、故障した洗濯機を点検していただいた結果……、、こりゃダメだわ(-.-;)y-~~~

何がダメなのかー
①サービスマン氏(以下S氏)曰く、「バケツで水を入れたりしませんでしたか?」…私「槽洗浄の時や大物洗いの時に水を足したことはあります。」…S氏(内部を懐中電灯で照らしながら)「水が飛び散った跡があるので、それが原因でしょう。」…私「えっ⁇」

S氏の見立ては、ロックの連結部分(センサー?)に水がかかって故障したのではないかとのこと。その部分だけの修理だと13,000円程度。別の部分にも故障が及んでいる可能性があるが、それは修理を進めてみないとわからず、(修理を)始めたら途中で止めることは出来ない。費用は2万数千円以上になるかもしれない、と。

「どうしますか?」…と問われたが、この時点で私の不信感は頂点に💢。。

冷静に応対しないと状況を悪くすると思ったので、口には出さずにいたが
「洗濯機が水で壊れるったあどういうことでぇえいーー‼️」
っと思わずにはいられない。

メーカーのサービスセンターに電話した際、よくある修理に必要な部品を持って来て、こちらが希望すれば、特に難しいものでない限り、その場で修理が可能だというお話だったため、当然、そのつもりでいたが、更にダメダメ。

何がダメダメかというと、
②S氏曰く、「今、部品がないんですよ〜。で、そろそろメーカーはお盆休みに入るんで、17日以降でないと発注がかけられないんですよ〜。なので、その部品が到着しないと修理出来ないんです〜。」…っと悪びれた様子もなく仰る。

思わずのけぞりました。
「あなた、一体何しにきたのー⁇⁇」って言いたかったけど、大人の私が口にした言葉は…「それじゃ、困ります。」

この猛暑の時期に、あと10日間ほども洗濯出来ない不自由さを、いやしくも洗濯機メーカーのサービスマンたる者は一体何と心得るのか?それくらいの想像力も働かんのかーー(いや、そんなこと彼の人生には何の関係もないよね〜)。

代車ならぬ代洗濯機を貸してくれれば、百歩譲って修理をお願いしなくもなかったかもしれないが、もう結構。あなたに愛想が尽きました💔

それでも、規定によりサービスマン氏には出張費と点検費、計3,500円位の金額を請求される。手切れ金と考えるしかない。
やむなく支払うが、「これで1回飲みに行けるのにー🍺(ToT)/~~~」と思うと、悔しさが込み上げる。

で、先日リサーチしておいた家電量販店に、即電話。旧モデル処分品を購入すると伝えると、売り場スタッフの方は最大限の便宜を図ってくださった(のでしょう、きっと♡)。

明日の夕刻、ピンク💗の洗濯機が届くことに相成りました(^^)/~~~

故障していても、電源が入れば、我が家の古い洗濯機は買取の対象になるそうで、それも助かりました。

ちなみに、購入したS社の製品は、洗濯槽と外槽の間に空間がないので、同様の故障はないでしょう。
[PR]
トラックバックURL : https://peko2nd.exblog.jp/tb/23389685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by peko2nd | 2016-08-10 23:04 | day by day | Trackback | Comments(0)