秋の特別拝観 金戒光明寺のち若冲の京都 KYOTOの若冲

秋の京都の楽しみのひとつは、特別拝観の寺社。次の週末あたりからは、夜間拝観(紅葉🍁のライトアップ)も。

今年は伊藤若冲生誕300年。
そのため若冲ゆかりの寺社の特別拝観が企画されています。

また、京都市立美術館では、「若冲の京都 KYOTOの若冲」と題する展覧会が、3ヶ月間の会期で開催されており、今年の京都はまさに「若冲イヤー」です。

朝一で訪ねた金戒光明寺。バス停岡崎道か岡崎神社前下車徒歩5分ほど。
d0335077_18052954.jpg
このあたりはくろ谷と呼ばれ、比叡山で修行を終えた法然上人が1175年に初めて草庵を結んだ所。
またこのお寺は、江戸時代、1862年京都守護職に任ぜられた会津藩主 松平容保が本陣を構えた所でもあり、新選組の発祥の地とも言われています。

特別拝観は、大方丈謁見の間、ふだんは非公開の文殊菩薩像や吉備観音像、襖絵や屏風絵。
その中には若冲の群鶏図押絵貼屏風や、若冲の弟子の軸絵がありました。
d0335077_18052957.jpg

回遊式庭園は撮影可、でした。
もう少しで紅葉の錦となることでしょう。12日から27日までは夜間拝観できます(^^)v。
d0335077_18053065.jpg

最後は、釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されている山門(この2階部分)に上って、京都の町を一望。
風が冷たかった…ですけど、ね。
d0335077_18053113.jpg

拝観を終えて、京都市立美術館へ。
d0335077_18053226.jpg

ゴールデンウィークの東京都美術館では入場待ちの長蛇の列に泣かされましたが、今日はすぐ入場できましたよ〜(^^)

水墨中心の素朴な作品中心の展示でした。
この展覧会は、会期途中で一部展示替えがあり、終盤になってから大物の作品が並ぶようです。
d0335077_18053337.jpg

名残惜しい旅の最後に、錦市場でお寿司を買って帰りま〜す( ; _ ; )/~~~



[PR]
トラックバックURL : https://peko2nd.exblog.jp/tb/23593996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by peko2nd | 2016-11-03 18:07 | one day trip | Trackback | Comments(0)